ランドローバークラシックレンジローバー部品 全国通販

買ってから知っておきたい事

<トップに戻る

このページではランドローバーについてのお役立ち情報をご案内します。

お役立ち情報

ランドローバーを買ってから知っておきたいこと

エンジンオイル 高けりゃ良いってもんじゃない---「高級オイル」のワナ!

 ランドローバーのエンジンオイルは何をお使いでしょうか。

 もちろん、ランドローバーの取扱説明書に書かれている番数のオイルを使えば良いわけです。

 ・・・話しはこれでお終いなのですが、現実として多くの愛好家は様々なオイルを使っていらっしゃいます。

  多いのが、「高級オイル」と呼ばれる化学合成オイルです。

 しかし、これはランドローバーのエンジンにとって、決して良いものではありません。

 その理由は簡単です。

 高級オイルを開発する際に想定するエンジンの設計年代と、ランドローバーのエンジンの設計年代とがあまりに違い過ぎるからです。

 化学合成の高級オイルは、例えば競技(レース)用エンジンのように精度高く設計されたエンジンのために最大限の高い馬力とトルクを発揮するよう設計されたオイルです。

 かたやランドローバーのエンジンは、競技用エンジンとは設計思想が全く違います。ランドローバーシリーズ1、シリーズ2,シリーズ2a、シリーズ3は明らかに耐久性を重視した「仕事をするクルマ」ですし、レンジローバーに搭載されたV8ガソリンエンジンは基本設計が1960年代。その後改良を加えたとはいえ、どう考えても最新のエンジン(セルシオやF1エンジンとか)とは、出来が違います。

 この事実を無視して、ただ闇雲に「高いオイルだから良いだろう」と使っても、良いことはありません。

 具体的には、エンジンオイルがやたらと減る、エンジン音がうるさくなる、といった症状が出ます。

 ではどんなオイルを使えば良いかといいますと、昔の設計のエンジン用のオイルというわけです。

 例えば、ハーレーダビッドソン指定のエンジンオイルはランドローバーと同じく、昔の設計のエンジン用のオイルです。

 ランドローバー用のオイルはちゃんと手に入りますので、キチンと選んでお使いになればランドローバーも喜びます。

ミッション、トランスファー、デフオイルは何番を選ぶか?

 結論からいえば、取扱説明書に書かれている番手(ばんて)を選べば良いわけです。

こいうところに何ら『創意工夫』は必要ありません。メーカー指定の番号のオイルを使う、と。

 クルマ好きの方(もちろん私も)は往々にして、自分のクルマには『スペシャル』 『特別』なものを使おうという気持ちになりがちですが、機械は決して喜びません。

例えばクラシックレンジローバー1990年型なら、

  • オートマチックトランスミッション ATF(エーティーエフ) デキシロン2D(Dexron II D)
  • トランスファー   ハイポイドギアオイル(Hypoid Gear Oil) 90番
  • スイベル室(Swivel pin housing) ハイポイドギアオイル 90番
  • デフオイル ハイポイドギアオイル 90番

というふうになります。

オートマチックトランスミッション作動油(ATF)の注意点

 

 言い古された事ですが、作動油はとにかくマメに交換する、ということに尽きます。

中古のオートマミッションについて言われるのが、

「長い間交換していなかった場合に、いきなりキレイにすると逆にゴミが立って油圧回路に詰まって壊れる」

ということです。確かにそうかもしれません。

 ではそれじゃあ交換しなければ良いのか、といえば決してそういうことはなくて、やっぱりキレイにしておくべきです。

 レンジローバーやディスカバリー、ディフェンダーに搭載されているZF(ゼットエフ)トランスミッションの場合、腹下に潜って、オイルパンを外すと、エレメント(濾過する網)が外れますので、先ずはこれを交換します。

 次に、作動油の交換となります。

 オートマミッションは、エンジンと異なり、下のドレインプラグ(栓)から全部の作動油が排出されることがありません。油圧回路やトルコン(トルクコンバーター。ぶんぶく茶釜のような形をしています)の中に入っている作動油は、ほとんど抜けません。

 一度に全部抜こうとすると、専用設備が必要になり、工場に持って行けばお金もかかりますので、自宅でできるのは、ドレインプラグを外して抜き取ります。一度に排出される作動油の量は、だいたい半分(1/2)程度と見た方が良い。

抜けた分と同じ量を新しく補充し、しばらく走ってまた交換する、と。

そうやって、例えば1万5千キロ(15,000km)毎に交換していくと、かなり調子が良くなります。

 なお、オートマミッションは、マニュアルに較べて弱い、という俗説がありますが、実際に使ってみた感想では決してそのようなことはありません。

私じしん、レンジローバーに搭載されているZFトランスミッションは酷使に耐えるという感触を持つにいたりましたので、いろいろ調べてみましたら、一般的にオートマミッションの故障の原因は大きく2つです。

先ずは、作動油を交換せずに劣化したまま乗っている場合。これが一つ。

そして二つに、作動油の温度管理不良です。

 海外の主要競技に参加している方からお話しを聞かせていただく機会を得まして、以下ご説明させていただきます。

 例えば砂漠(砂地)を走ると、かなり走行抵抗があって、みるみる作動油の温度が上がることになります。レンジローバーの場合は、作動油のオイルクーラーがラジエターの前に装着されていますが、あれがものすごく熱くなるわけです。(ちなみに、アスファルトを走行中はほとんど熱くなりません)

 ※オートマミッション作動油のクーラー-は、黒色のゲジゲジの丸棒です

 作動油の温度が摂氏100度以上になると、オートマミッションが壊れると言われています。

 ですから、砂漠を走る場合は、作動油クーラーを増設する等して、とにかく作動油温度を摂氏100度未満に抑える必要があります。

この対策さえキチンとすれば、オートマミッションはかなり丈夫であるとされています。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional