ランドローバークラシックレンジローバー部品 全国通販

V8プラグコードの配線順番 クラシックレンジ

V8エンジンのプラグコードの順番

ランドローバーV8エンジンのディスビキャップとプラグコードの配線の順番です。

プラグ、プラグコード、ディストリビューターキャップ交換の際にお役立てください。

プラグコード

ディスビキャップはこの順番にプラグコードがささります

1→8→4→3→6→5→7→2

フロントバンパーの前に立ってエンジンを見た場合、ディスビキャップのパッチンクリップの位置が決め手となります。

ディスビキャップに切り欠きがありますので、それを目印にして、
家の中にいるときにマジックで順番を記入するとわかりやすいです。

20130507補足です

複数のランドローバー愛好家様より、ご自身のランドローバーを点検したところ、

  • パッチンクリップが4番と8番の間にある
  • パッチンクリップが1番と2番の間にある

がこれで良いのか、とのお問合せを頂戴しました。(いずれも、順番は同じです)

結論としては、それで結構です。

おそらくは、ディストリビューター交換をした際に差し込む角度が一つどちらかにずれたものと思われます。それはそれで結構です。

ディストリビューター脇にイグナイターやバキューム進角装置が付いていて周囲の補機と干渉するため、どこでも差し込めるわけではありませんが、左右どちらでも1個ずれることはあります。

その場合、プラグコードを写真の通り差してもエンジンは掛かりませんので、一つづつずらした順番で差し込む必要があります。


以上、補足させていただきます。お問合せありがとうございました。

プラグコード

左バンクの配線です

ランドローバーの前左から1番、右が2番、というふうに番号がつきます。

プラグコード

右バンクの配線です


このページのURL

V8エンジンのディストリビューターキャップとプラグコードの配線
http://rangerover.morimori-forest.com/index.php?go=DEYiiS


この情報に関連する部品は以下の通りです:

RTC6551 プラグコード ランドローバーV8ガソリンエンジン用
http://rangerover.morimori-forest.com/index.php?go=0LR3gH

ERR4738 ディストリビューター クラシックレンジローバー V8
http://rangerover.morimori-forest.com/index.php?go=MAI4sD

ERR743 スパークプラグ RN9YC クラシックレンジローバー
http://rangerover.morimori-forest.com/index.php?go=7D5MAV

ETC7244 スパークプラグ RN12YC

STC8368 ディストリビューターキャップ STC1857 ディスビローターアーム>


お問合せ・ご注文は今すぐこちら


スマホでここを押して今すぐ電話をかける>電話0256-45-4538(9時〜19時 年中対応)

電話 0256-45-4538(9時〜19時 年中対応)

お問合せフォーム(24時間)はこちら>

無料見積りフォーム(24時間)はこちら>


2回目以降はこちらが簡単です>


見積りFAX用紙ダウンロードはこちら>


powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional